ビザ
プログラム

マリオットでは、学生またはインターンの方が米国内のマリオット・ホテルで働く機会を得られるF-1ビザとJ-1ビザの両プログラムをご用意しています。

F-1ビザの学生の方には、実地体験、研修、マリオットのカルチャーと基本理念の紹介を含む12か月のプログラムをご用意しています。

ご応募をお考えの方は、次をお読みください。

  • このプログラムは、F-1ビザを取得して米国で学んでいる学生で、米国のホスピタリティプログラム修了後にOPT (オプショナルプラクティカルトレーニング) ビザを取得可能な方を対象としています。OPTビザを取得すると、米国で1年間就労できます。
  • 12か月の研修プログラムの終了後は、次のいずれかの資格が得られる場合があります。
    1. 自国のVoyageプログラムに参加する。
    2. 自国または既に就労許可を得ている国のマリオット・ホテルでのフルタイムの職種に配属される。
現在米国以外の国でホスピタリティ分野で就労している、またはこれを専攻して学んでいる方は、J-1交流訪問者研修プログラムを利用して米国内のマリオット・ホテルで働く機会が得られます。

プログラムのガイドライン

J-1ビザは、インターンまたはトレーニーである米国以外の国籍所持者に対して、米国での実地研修の機会を提供するビザです。J-1を利用して、米国内のマリオットでキャリアを高めようとお考えの場合は、次の点にご注意ください。

  • J-1インターンの資格を得るには、米国以外の国の短期大学以上 (専門学校を含む) の教育機関に在籍し、学位またはコース修了証の取得に向けて学んでいるか、そうした教育機関を卒業してから交換プログラムの開始日までの期間が12か月未満であることが必要です。
  • J-1トレーニーの資格を得るには、米国以外の国の短期大学以上 (専門学校を含む) の教育機関の学位またはコース修了証を取得し、米国外での関連職務経験が1年以上あること、または学位がない場合は米国外で5年間の関連職務経験があることが必要です。
  • 「ホスピタリティ・観光」カテゴリーのJ-1プログラムの期間は、インターンとトレーニーのいずれも12か月までとなります。研修分野がホスピタリティおよび観光以外である場合、トレーニーは、J-1プログラムで最長18か月の研修が認められます。
  • J-1インターンまたはトレーニーは、客室部門、フロント、料飲、調理などの研修プログラム、またはホテルで定めるその他のプログラムに配属されます。
  • 採用通知を受けたインターナショナルトレーニー候補者は、米国国務省が認定した以下のJ-1スポンサー団体のいずれかを連絡を取り、資格認定証明書DS-2019フォームとJ-1ビザの申請についてサポートしてもらう必要があります。
以下は、マリオットでのインターンシップおよび研修プログラムへのJ-1ビザ所有者の配属をサポートする認定スポンサー団体のリストです。資格および応募手続きについては、記載されている団体にお問い合わせください。